ハイドロキノン クリーム 効果

MENU

はじめに

シミを消す効果があるのは、ハイドロキノン配合化粧品です。一般的な美白化粧品には、シミを「予防」する効果しかないのです。こちらのサイトでは、ハイドロキノンはなぜシミ消し効果があるのか、安心して使えるハイドロキノンクリームは?といった疑問にお答えしていきます。ハイドロキノンクリームで、あなたもシミのない白い肌を手に入れてみませんか。

目次

@ハイドロキノンクリームは、本当にシミを消す効果があるの?
Aハイドロキノンクリームにはどんなものがある?
Bハイドロキノンを使う上での注意点
CビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9ならば敏感肌の方でも安心
DビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9の口コミ

@ハイドロキノンクリームは、本当にシミを消す効果があるの?

ハイドロキノンには、シミを消す効果があります。では、どうやってシミを消すことが出来るのでしょう。シミとは、表皮細胞に蓄積したメラニンです。ハイドロキノンには、メラニンへの還元作用があります。「還元」というのは「戻す」「酸化物から酸素を取る」ことです。ハイドロキノンには、酸化したメラニン、つまりシミを元に戻す作用があるのです。

 

メラニンが作られる過程では、チロシナーゼというメラニン生成酵素が関わってきます。ハイドロキノンには、チロシナーゼやメラノサイトの活性を抑える働きもあります。つまり、シミ消し効果とシミ予防効果の両方があるというわけです。

 

一般的な美白化粧品を使い続けても、シミが消えないのは何故でしょう。これらには美白の有効成分として、アルブチン、ビタミンC誘導体、コウジ酸、プラセンタエキスなどが入っています。これらの成分はチロシナーゼの活性を抑える作用はありますが、メラニンに直接働きかける作用はありません。ですからシミの予防効果はあっても、出来てしまったシミを消す効果はないというわけなのです。ビタミンC誘導体だけはメラニン還元作用がありますが、ハイドロキノン程の効果はありません。

 

シミを消すために、ハイドロキノンはとても有効であることがおわかり頂けたと思います。シミ消し効果のあるハイドロキノンクリームを使って、あなたもシミの悩みを解消してみませんか。

Aハイドロキノンクリームにはどんなものがある?

市販のハイドロキノン配合化粧品のハイドロキノン濃度は、通常は1%未満〜4%、皮膚科などの病院で処方されるものが5%以上です。濃度の高いものは副作用も強いので、医師の指導に従って使う必要があります。では、市販されているハイドロキノンクリームにはどんなものがあるのか、ご紹介します。

 

* QuSomeホワイトクリーム1.9  ビーグレン
浸透テクノロジーQuSomeを使うことにより、1.9%と低濃度ハイドロキノンでもケアしたい部分に確実に浸透します。低濃度で安定性が高いので、敏感肌の方でも安心して使うことが出来ます。

 

*ホワイトクリーム 濃厚本舗
純ハイドロキノン2%配合のクリームです。リーズナブルなお値段も魅力的です。

 

*プラスナノHQ プラスキレイ
ハイドロキノン4%配合のクリームです。プラスキレイは、ハイドロキノン専門店として知られています。

 

*ホワイトHQクリーム セルピュア
皮膚科医開発のドクターズコスメです。ハイドロキノンを4%と、高濃度配合しています。

Bハイドロキノンを使う上での注意点

ハイドロキノンはシミにはとても効果的なのですが、それだけ強い成分でもあるので、使う際には注意しなければならないこともあります。

 

*刺激が強い
肌が弱い方は、炎症などを起こすことがあります。ハイドロキノンの濃度が高いほど刺激が強くなるので、心配な方は濃度が低いものを使った方が良いでしょう。

 

*酸化しやすい
ハイドロキノンは安定性が低いので、酸化しやすいです。ハイドロキノンは酸化すると肌を刺激するので、注意しなければなりません。

 

*ハイドロキノンを塗ったままで紫外線に当たってはいけない
ハイドロキノンが肌についている状態で紫外線に当たると、シミが濃くなる恐れがあります。基本的には夜使った方が安心です。日中使う場合は、紫外線対策を忘れないでください。

 

*まれに白斑が出来ることがある
ハイドロキノン濃度が高い化粧品を使うと、白斑が出来る場合があります。高濃度のものを使う場合は、医師の指導に従ってください。ハイドロキノン濃度5%未満で白斑が出来たというケースはありません。

CビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9ならば敏感肌の方でも安心

安心して使えるハイドロキノンクリームを選ぶポイントは、どんなことでしょう。ハイドロキノンクリームは、ハイドロキノン濃度が高いと刺激が強くなります。つまり、ハイドロキノン濃度が低いものを選べば、刺激も少なくなるのです。敏感肌の方は特に、低濃度のクリームを選んだ方が良いでしょう。ただ、ハイドロキノン濃度が高い方が、シミ消し効果は高くなります。そこで、ハイドロキノン濃度が低くても、ケアしたいシミに成分がしっかりと浸透すれば良いわけです。さらに、ハイドロキノンの安定性が高ければ、肌への刺激も少なくなります。

 

そこでおすすめしたいのが、ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9です。QuSomeホワイトクリーム1.9は、ハイドロキノン濃度が1.9%と高くはありません。ですがQuSomeという浸透テクノロジーの応用により、ケアしたいスポットに確実に成分が浸透するのです。QuSomeホワイトクリーム1.9は、「浸透深度」にこだわったハイドロキノンクリームなのです。QuSome は医療にも使われている技術です。

 

QuSomeホワイトクリーム1.9の効果は実証済みで、ハイドロキノン濃度が4%のものと同じ効果を発揮するという実験結果が出ています。また、ハイドロキノンをQuSomeで包み込んでいるため、安定性も保つことが出来るのです。

 

QuSomeホワイトクリーム1.9を製造販売しているビーグレンは、アメリカの会社です。ハイドロキノン配合の化粧品を、10年以上販売しています。製品は薬学博士のDr.ケラーが日本人の肌に合わせて開発し、製造も全て日本で行われています。カスタマーセンターは365日24時間やっていますから、その点も安心です。

 

ハイドロキノンクリームを使ってみたいけれども刺激が怖くて・・・とためらっていた方は、ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9を試してみてはいかがですか。ビーグレンには、お得なトライアルセットもあります。ホワイトケア・トライアルセットにはQuSomeホワイトクリーム1.9はもちろん、洗顔料から美容液まで入っていて、トータル美白ケアが出来ます。お値段も1800円とかなりお得になっていますから、初めはトライアルセットで試してみるのもおすすめです。

DビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9の口コミ

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9を、実際に使った方の口コミを集めてみました。

 

*使い始めて2ヶ月が経ちましたが、くすみがなくなり肌に透明感が出ました。小さなシミも薄くなってきました。刺激もないので、リピ確定です。   30代女性

 

*顔全体に使えるのが良いです。1本目を使い切る前に、シミが薄くなってきたと感じました。ビーグレンのCセラムと一緒に使ったのが良かったのかも。   60代女性

 

*使用感がとても良いです。ピンポイントというよりも、顔全体をケアしたい人向きかなと思いました。カスタマーセンターの方が丁寧に対応してくれるので、心強いです。   30代女性

 

*少しニンニクのような臭いがしますが、伸びも良く刺激がないので、使いやすいです。頬の大きなシミが少し薄くなってきたので使い続けます。   40代女性

 

*最初の1本を使い終わる頃には、目の下にあった薄いシミが消えました。伸びが良いので広い範囲のシミに使いやすいと思いました。    40代女性

 

シミは、何もしなければ消えることはありません。紫外線対策をしても、完全に防ぐことは難しいでしょう。30代以降になると、元々合ったシミが濃くなったり、シミが増えてしまったという悩みを持つ女性は多いようです。やはり、シミには何らかのケアが必要なのですね。多くの方が効果を実感しているビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9で、あなたもシミのケアを始めてみませんか。